クリアブルー排卵検査器は最大5日前予測できる?

5日前予測が可能な「クリアブルー排卵検査器」

クリアブルー排卵検査器なら、5日前からの予測が可能です。

ワンステップ排卵検査薬など、広く一般的な試験紙タイプの排卵検査薬では2日前予測が限界ですが、それより3日も早く予測できるそうです。

なぜ、そんなに早く予測できるのでしょうか?

その理由は、卵胞が大きくなるにつれて、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が増える事が関係しているようです。

クリアブルー排卵検査薬の中でも最上位モデルであるタイプは、LHホルモンとエストロゲンの両方から排卵日を予測できる機能があり、これが、5日前予測を可能とするようです。

タッチスパネル式のクリアブルーがチェックするのは、排卵直前のLHサージだけでなく、卵胞の成長に合わせて分泌量の増えるエストロゲン増加量も同時に解析する働きがあるそうです。

どの位卵胞が成長しているのか把握できれば、排卵日も特定しやすくなりますが、そうした高度な解析も可能となっているモデルなんですね。

しかも、妊娠できるかどうかの確率をレベルで表示してくれる機能も備わっていて、高精度な排卵日予測が可能なようです。

クリアブルーおなじみのデジタル表示でわかりやすい。

他にも、妊娠可能レベルを段階別で判定する機能、6回分の月経周期を記録する機能など、妊娠の確率アップに必要な情報を妊活を応援するマネージャーとしてサポートしてくれます。

高性能な分、商品自体安くはありませんが、コスパの良い排卵検査器の微妙な結果に困惑する事も無く、結果、短時間で妊娠できれば、投資した甲斐あって良かったと思えるかもしれません。

>>タッチパネル式クリアブルー排卵検査器の詳細はこちら

高性能だけどシンプルで使いやすい最上位モデル

排卵検査薬は、アナログ式がデジタル式かの違いはありますが、試験紙でそのままチェックするのではなく、尿をかける試験紙と排卵日をチェックするパーツとが別々になっているものが、クリアブルー排卵検査器です。

クリアブルーイージーデジタルも同じように、検査するパーツと毎回使い捨ての試験紙部分が別となりますが、クリアブルー排卵検査器は、その他の排卵検査薬と比べ性能は全く違うみたいです。

クリアブルーイージーデジタルは、体温計のような形をしていて、よくある排卵検査薬という感じですが、クリアブルー排卵検査器は、電子画面がついた医療機器のような見た目で、とても同じ排卵検査のためのものとは思えませんでした。

その本格的な医療機器のような見た目に反し、使い方は簡単みたいです。

使い方は、テストスティックに尿をかけて、機械にセットするだけで良いのだとか。それでも、排卵検査薬と違い5日も前から排卵を予測してくれるのがすごい。

普通の排卵検査薬の難しいところは、既に排卵が終わってしまった後にでも陽性反応が出てしまうことがあり、中々タイミングを合わせづらいところですが、クリアブルー排卵検査器のように、最長の5日前から予測が実現していれば、そうした誤認もなくなりそうです。

気持ち的にも時間にゆとりが持てるので、夫婦での相談もしやすくなりそうです。

排卵日の5日前からの予測が可能となる検査器

クリアブルー排卵検査器は、バージョン変更で見た目が大きく変化しました。新しいクリアブルーは、扱いやすく結果もわかりやすいタッチパネル式です。

タッチスパネル式のクリアブルーと言えば、2つのホルモンをチェックできる事での排卵測定の早さ。エストロゲンとLHホルモンの同時測定によって5日前から排卵日予測が可能となっています。

排卵検査薬の多くは、LHホルモンの分泌ピークを特定して排卵日を予測するもので、早くても2日前じゃないと排卵日を予測する事が出来ません。

その点、クリアブルー排卵検査器は、LHホルモンだけじゃなく、エストロゲンの分泌ピークもチェックできます。一般的な検査薬やクリアブルーイージーより3日も早い5日前からの予測が正確に出来れば、予定も立てやすくなります。

コスパの良さからワンステップ排卵検査薬やクリアブルーイージーの方を選びがちですが、排卵日のセルフチェックで精度を求めるなら、このクリアブルー検査器が一番なのは言うまでもありません。

また、3段階のレベル別モニター表示でピーク時を簡単に把握する事が可能です。

  • 低レベル:妊娠の可能性の低い時期
  • 高レベル:妊娠の可能性の高い5日間
  • ピークレベル:最も妊娠の可能性の高い12時間

更に、検査を繰り返す事により利用者の月経周期が計算できるようにプログラムされていて、周期が定期的なら生理予定日まで解析する事ができるようになります。

※6回分の生理周期を記録可能。

妊娠検査薬や一般的な排卵検査薬は、実際妊娠が可能かどうかの判断は、自分でしなくてはいけません。

「これは陰性?それとも陽性?」

このように、線の濃さやチェックの仕方によっては、はっきりしないので困惑してしまうことも度々あるものです。

一般的な排卵検査薬で良くある測定結果の曖昧な部分に関しても、プログラムによる予測機能を兼ね備えたことにより、使えば使うほど妊娠精度を高める事が出来るのです。

レベルにより明確なデータ表示がされるのでその心配もありません。

  • 結果はデジタルで検査器に任せられる
  • 継続する事で生理周期の確認精度が高まる
  • チェックの手間が無くなれば気持ちの負担も減る

チェックは検査器任せなので負担も少ない

妊娠を望んで出来ない事は、ストレスとなり兼ねません。

ストレスが増えるとホルモンバランスが崩れ、本来の分泌タイミングからズレが生じる事もあり、妊娠に何らかの影響を及ぼす場合もあります。

更に、排卵日チェックもセルフで行わなければならないようなシビアな状況だと、知らず知らずの内に、ストレスを溜め込んでしまうかもしれません。

クリアブルー排卵検査器ならチェックの負担も減りますし、二つのホルモンのピークを簡単に確認できるので、精度の高い信頼できる検査結果を表示してくれます。

この機器は精度の高さからも、機器自体の価格は安くありません。

その為、購入を断念し、安価な排卵検査薬を使用する方も多いと思います。もちろん、それでも無事に妊娠出来れば良いことですが、妊娠できずに時間だけ費やしてしまうとそれだけ精神的な負担も増えます。

その妊娠できなかった時間分、年齢的な問題に直面して妊娠に影響したり、流産のリスクも少なからず付きまといます。

リスクを抑えて、妊娠のチャンスを大切にするには、できるだけ早い判断が必要となる場合もあります。最善を尽くす為に活用すれば、使わなかった事を後悔する事もありません。

その上で、必要性を感じた場合のみ利用してみるのが良いと思います。

ただし、安い製品ではないので購入は慎重にご検討ください。

>>タッチパネル式クリアブルー排卵検査器の詳細はこちら

遅すぎたという心配が無くなりそう

女性の身体は、妊娠の1~2日前が一番妊娠しやすいため、たとえ2日前に排卵があると予測できたところで、ちょっと遅いみたいです。確かに、陽性反応が出てすぐさま性交渉に入れるという訳ではありませんからね。

そこで、もっと早く排卵を予測する手段として最適なのが、クリアブルー排卵検査器になります。

クリアブルー排卵検査器の検査方法は、エストロゲンの分泌が増加して黄体ホルモンの分泌が促されることで、女性の体内では排卵が生じるため、そのエストロゲンも排卵の予測材料にする事が出来ます。

だから、黄体ホルモンしか検出できない排卵検査薬を違い、クリアブルー排卵検査器は5日も前から排卵を予測することができるんですね。その分お値段は5万円以上と高いですが、これだけ高機能ならそれも納得できるかもしれません。

ワンステップ排卵検査薬など、感度が良くて安いタイプも人気ですが、「タイミングを逃したくない」「不妊治療を長引かせたくない」という場合なら、排卵検査薬にも精度が求められます。

また、繰り返し使う事で使用している人のパターンを解析し、より排卵日の特定精度を上げる機能も含まれているそうなので、一回目がダメだったとしても、2回目、3回目測定頻度が増えるにつれて、排卵日がつかみやすくなった結果、短期間で妊娠できたら価格以上の価値を感じられるのではないでしょうか。

関連ページ一覧