海外製でも人気のクリアブルーイージーデジタル

日本でも個人輸入して利用する人が多い理由

海外製なのに日本でも人気の排卵検査薬がいくつかあります。

クリアブルー以外にも、DAVIDやWondfo、ワンステップ排卵検査薬などがありますが、その中でも、結構利用されている人が多い印象がある製品の一つがクリアブルーイージーデジタルです。

実際には、アメリカとヨーロッパのみで販売されているのですが、アメリカのAmazon.comでも人気が高いことが日本で利用される人が多いことに繋がっているのかもしれません。

でもなぜそんなに人気があるのでしょう?

そんなクリアブルーイージーデジタルの良さを確認してみたいと思います。

>>クリアブルーイージーデジタルの購入はこちら

測定時間が短くデジタル表示で判定結果が明確

クリアブルーイージーデジタルが他の排卵検査薬と比べて優れているのは、ここかなと思います。取り扱っている輸入代行サイトを見てもその辺が人気に繋がっているように書いてあるのを見かけます。

一番の特徴は、デジタル表記であることですね。

このメリットは、試験紙タイプの検査薬のようにテストラインの濃淡がわかりにくい心配がありません。

もしも陽性ならば、測定結果の出るデジタル画面に、スマイルマークが表示されます。反対に、陰性ならば、ただのマルだけが表示されます。

測定時間がたったの3分と短いのも助かります。すぐに、結果がわかるので少しの時間があれば排卵検査をすることができます。

このように、検査結果がはっきりしているので、陽性か陰性かをすぐに把握することができます。利用者が戸惑いがちなポイントを解消できるように工夫されているからこそ、ここまで人気となっているのかもしれません。

排卵検査薬をしょっちゅう使うわけでは無いとしても、実際に使ってみて時間がかかったり、結果が曖昧だと必要性も微妙ですが、クリアブルーイージーデジタルなら、十分に利用価値はありそうです。

結果がどちらか一方だから迷わない

排卵検査薬でよくある悩みは、薄い陽性が出た場合はどういった判断をすれば良いのか、という部分だと思います。

なんでも、排卵検査薬は陽性か陰性かの二択ではなく、陽性でもうっすらとしか出ない場合もあるため、そうした場合は使用者の方で、排卵までどれくらいかを判断しなければいけないのだとか。

そのため、初心者にはどうしても難しいみたいです。しかし、妊娠しやすいタイミングは毎月1回しかありませんから、検査薬の使用方法に悩まされて、その貴重なチャンスを逃すということは、なるべくしたくないところです。

そこで、陰性か陽性かのみを示してくれる排卵検査薬があるんです。

それは、クリアブルーイージーデジタル。なぜ、これだと薄い陽性に悩まされずに済むのかと言うと、デジタル式の排卵検査薬だからです。

詳しく言うと、尿をかけるだけで後は機械が全部処理して、黄体ホルモンの増加がピークの時にだけ陽性反応を電子画面に表示してくれるため、使用者が判断に悩まされることがまず無いそうなんです。

もちろん、そうした高い性能の分、お値段は1回分につき500円弱とちょっと高いですが、タイミングを確実に図るならもってこいとのことでした。

高いけど人気がある理由とは?

クリアブルーイージーデジタルは、測定時間を短く結果がはっきりしているので使いやすいですが、それなりにいい価格設定になっています。

というのも、海外製の排卵検査薬を購入する人の多くが日本製は価格が高いからという部分も大きく、安くてそれなりに精度を求めて海外製を利用するという場合が大半ではないでしょうか。

しかし、価格に関して言えば、クリアブルーイージーデジタルは、日本の排卵検査薬とそれほど変わりありません。

他に人気となっているのは理由があるのでしょうか?

大事な時にしっかり確認できる信頼感

クリアブルーイージーデジタル以外に海外製排卵検査薬で人気があるのは、価格の安いワンステップ排卵検査薬ですが、こちらは1回あたり100円以下で使用することができます。

なので、日本製の排卵検査薬と比べても、かなり安いので、1隗あたりの検査の費用を抑えることができます。しかも、安くてもLHサージの検知率は99%と十分な性能を備えていて、これだけでも排卵日を特定することが可能です。

ですが、一つの排卵検査薬だけで結果を判断してしまうのは、注意しなければいけない部分もあります。排卵検査薬はそれぞれ感度が違いますから。

そういう意味でも、感度の違いや正確性を踏まえるとしっかりとしたものを用意しておきたいと考える人が少なくないらしく、その選択肢の一つがクリアブルーイージーデジタルのようです。

他にも、日本で検査薬を購入する場合、2014年に薬事法が再び改正されたことで薬局で購入するのも少しスムーズになっているようですが、やっぱり、通販で購入したいという人は多いと思います。

そして通販で購入する場合、日本の薬事法では、日本国内での通販ができないので、結果として、海外から通販する形、つまり、個人輸入で購入する人が増えているのかもしれません。

それに、調剤薬局で購入する場合、家の近所にあって便利だとしても、薬局によっては、契約している製薬メーカーが異なることもあります。

そうすると、結局、自分の使いたいものを購入する唯一の方法として、個人輸入となり、中でも、世界的に人気の有るクリアブルーイージーデジタルになるというのは、自然な流れなのかもしれません。

>>クリアブルーイージーデジタルの購入はこちら

関連ページ一覧