測定結果が分かりやすい排卵検査薬なら?

クリアブルーイージーデジタルなら結果がはっきり

排卵日検査薬なら、どれでも同じように陽性か陰性かで白黒はっきり排卵の有無を示してくれるものとばかり思っていました。

しかし、実際はそんな単純な話ではなく、陽性反応にも色々と濃さがあるそうなんですが、その濃さに応じて、排卵のピークに近づいているか確認するのだとか。

その点、クリアブルーイージーデジタルは、検知感度が40IU/Lとなっていて、より明確なLHの濃さを判定してくれますので、陽性反応が出たらタイミング間近という事ですね。

普通のアナログタイプ(簡易版)だと、時間が経つにつれて薄かった陽性反応も濃くなっていくそうですが、最初の内はどれがくっきりとした濃い陽性反応なのかの判断が難しく、適切なタイミングをとることができないのだとか。

初めて使う排卵検査薬なら、尚更、どの程度か判断するのは難しそうですよね。

ただでさえ妊娠に成功する確率は低いですから、こういう使用上のミスはできるだけ避けたいですよね。「んーと、これは、陽性と見て良いの?それともまだ陰性?」という微妙なラインに混乱する事は避けたいものです。

このように、厄介なのは薄い陽性反応なので、それに悩まされないで済む排卵日検査薬で選ぶとすれば、クリアブルーイージーデジタルが良いと思います。

また、デジタル式ということで、表示もどちらか明確なので判断が楽です。

これなら初心者でも使いやすそうなので、初めて排卵検査薬を使う場合でも、結果に惑わされる心配はなさそうです。

曖昧な結果が出ないからわかりやすい

排卵検査薬の陽性反応は、1通りじゃないと聞きます。

詳しく言うと、くっきりとした濃い陽性が何時も出るという訳ではなく、薄い陽性が出て判断に困る場合も多いのだとか。これには、黄体ホルモンの分泌量が、たとえ排卵が近くても、個人差が大きいということが関係しているそうです。

しかし、排卵検査薬の説明書には、くっきりとした濃い陽性が出てから、24~36時間後に排卵があると大抵は書いてありますから、薄い陽性反応だとどう計算して良いのか分かりません。

経験を積めば、ある程度は勘で調整できるそうですが、それでも確実にタイミングをとれたとは言えないと思います。

そこで、薄い陽性に悩まされずに済む排卵検査薬があります。

それが、クリアブルーイージーデジタルですが、LHホルモンの分泌量が排卵に向けてピークに近い時に電子画面に陽性とのマークを表示してくれるため、アナログ式の大抵の排卵検査薬と違い、使用者はほぼ何もしなくて良いみたいです。

しかも、このクリアブルーイージーデジタルは、2日も前に陽性を示してくれるため、性交渉のタイミングを適切に図る時間的余裕があるということでも人気だそうです。

そのため、日本ではまだ認可されていないものの、日本人の愛用者も多いとのことでした。

クリアブルーイージーデジタルの感度は?

クリアブルーイージーデジタルは、デジタル式という表示機能を採用しているため、「陰性=何も表示されない」「陽性=スマイルマーク表示」という感じではっきりしているそうです。

しかも、LH検知の精度は99パーセントとなっています。

検出の正確性は確実と言えるレベルですが、どんな少量の黄体形成ホルモンでも検出できるように構成されているという事でしょうか?

意外にも感度は低めに設定されているという事が分かりました。具体的には、40IU/L(mIU/mL)だそうです。日本で有名なドゥーテストの場合、30IU/Lですから、それよりも低いことになりますね。

感度が低いのと、性能が低いのはイコール関係のようなイメージがあるのですが、どうやらそういう事ではないようです。

しかし、クリアブルーイージーデジタルのような敢えて感度の低い排卵日検査薬の場合、どういった層の人がターゲットなのでしょうか?

調べたところ、黄体形成ホルモンの分泌量やその推移には、かなり個人差があるらしく、中には分泌量が最初から多い人もいるみたいなんです。

そういう人だと、ドゥーテストなどの中程度の感度では、ずっと陽性反応が出続けてしまう可能性もあるため、敢えてクリアブルーイージーデジタルなどの感度が低い排卵日検査薬を使う必要があるのだとか。

感度が高いのが、必ずしも良いという訳ではないんですね。

結果が明確に判定されるクリアブルーイージーデジタル

クリアブルーイージーデジタルなら、LHホルモンを検出して排卵日の2日前の予測が可能です。

日本製の多くは、1日半前予測なのに対し、クリアブルーイージーデジタルは、それよりもLHサージの検出タイミングが早いので予定も立てやすくできます。

また、海外製の排卵検査薬を試しに使ってみたいという場合だけでなく、メインで使用するベビ待ちさんも多い人気の排卵検査薬です。

デジタル表示で結果が明確。

陽性なら、スマイルマーク(ニコチャンマーク)が表示されます。

陰性なら、”○”が表示されるだけというように、結果が1かゼロでハッキリしているので、中国製に多い曖昧な結果に悩まされることもありません。

クリアブルー排卵検査薬が人気の理由

日本で購入できる排卵検査薬や安価な中国製などは、検査結果が曖昧でいまいちだったという経験をされた方も少なくないようです。排卵検査は、この検査結果の曖昧さが無い事が重要ですから。

その点、クリアブルーは、検査結果がはっきりわかるので人気となっています。

しかも、わずか3分程度で結果が出るので待ち時間の煩わしさもありません。

クリアブルーイージーデジタルに対し、同じクリアブルーでも、5日前予測が可能なクリアブルー検査器は、病院で検査するような機械式なので高価な代物です。

5日前からの排卵を予測できるという高いLHサージだけをチェックするのではなく、エストロゲンの増加量も同時に検査する働きがあり、この高い精度からどうしても価格が高いようです。

このように、クリアブルーの排卵検査薬でも種類があるので、ただはっきり結果がわかるクリアブルーイージーデジタルを選ぶのか、タッチスパネル式で高額だけど、その分精度に優れる排卵検査器タイプを選ぶのか。

また、安さと感度で選ぶなら、ワンステップ排卵検査薬という方法もあるので、これらを比べながら最適な排卵検査薬を探してみてはいかがでしょうか。

>>クリアブルーイージーデジタルの購入はこちら

関連ページ一覧