クリアブルーはすぐ使いこなせそう?

すぐに使いこなせるなら無駄が無い

排卵検査薬で陽性が出ても、その濃さがいまひとつで、判断に苦しむことは意外とよくある事みたいです。

くっきりとした陽性の濃さと比べて、今の薄さはこれくらいの段階だから何時間後にはと、排卵を予測することもできるそうですが、そのためには回数を重ねなければいけないため、また大変だそうです。

となると、ちゃんと排卵検査薬を使えるようになるまで、まずは数か月要すことになりそうですね。

しかし、中には一刻も早く子供を授かりたい夫婦もいますし、そうじゃなくても早く妊娠できるに越したことはありませんから、そうして使い方で苦労して時間を無駄にするのは、なるべく避けたいところです。

そんな場合に人気なのが、クリアブルーイージーデジタルだそうです。なんでも、全部機械でやってくれるデジタル式である関係上、陽性か陰性かの二択しか無いため、薄い陽性に悩まされることはまず無いのだとか。

しかし、薄い陽性が無いということは、裏を返すとかなり大雑把ということではないでしょうか?

その点が心配で調べてみたところ、クリアブルーイージーデジタルの場合、黄体ホルモンの増加がピークに近い頃のみ陽性を示すようにできているため、正確性についてもちゃんと折り紙つきとのことでした。

使い慣れていない場合でもわかりやすい結果表示

排卵検査薬って、尿をかけるだけで良いと思っていたのですが、意外と使用方法で苦戦している人は多いと聞きます。なんでも、判定が陰性か陽性かの2通りではないとかで。

具体的に言うと、同じ陽性でも、その濃さに色々と段階があるそうで、薄い陽性が出た場合の対処が、ちょっと難しいのだとか。

そのため、もっと簡単に使いたいと思うなら、多少値は張りますが、デジタル式の排卵検査薬を使うことが推奨されるそうです。人気のものとしては、クリアブルーイージーデジタルが挙げられるとのことでした。

これなら尿をかけた後は全部機械で処理してくれるため、使用者は表示された判定が陰性か陽性か判断するだけで良いみたいです。

しかし、クリアブルーは、海外製のものなので、個人輸入に頼るしかありません。そのため、同じデジタル式の排卵検査薬で、かつ日本製の、チェックワンデジタルが良いという声もありますが・・・。

具体的には、クリアブルーが1回分500円で排卵を2日前に予測できる一方、チェックワンは1回分700円するにもかかわらず陽性が出るのは排卵の24~36時間前みたいです。そのため、選ぶなら断然クリアブルーとのことでした。

海外からの個人輸入と言っても、実際は、一般的な通販と同じ方法だし、日本語表示なので英語がわからくても問題ありませんからね。

初心者にも優しい使い心地

アナログ式の排卵検査薬、つまりは、尿をかけて浮かんだラインやマークの色やその濃さを、使用者が見て判断しなければいけないタイプの排卵検査薬は、初心者には中々使いこなすのが難しいそうですね。

陰性や陽性かを判断するだけならまだしも、陽性にもいくつかの段階があって、くっきりとした濃い陽性が出るまで、数回薄い陽性が出ることも多いのだとか。

となると、最初の内は確かに、薄い陽性に対する判断に悩んで、どこを時間の起算点とすれば良いのか分かりにくそうです。

しかし、こういう使い方で手間取って、何か月も無駄にしてしまうのは勿体無いですよね。そこで、初心者にも優しい、使い方が簡単な排卵検査薬を探してみたところ、クリアブルーイージーデジタルがネットではよく推奨されていました。

なんでも、このクリアブルーイージーデジタルは、よくあるアナログ式の排卵検査薬とは違い、デジタル式となっているため、使用者はただ尿をかけるだけで良いのだとか。

そしてその後は、全部検査薬の方が判断するところまでやってくれるので、電子画面に表示されたマークが陰性か陽性かを確かめて終わりだそうです。確かに、アナログ式の排卵検査薬とは比べものにならないくらい簡単に使えますね。

関連ページ一覧