女の子が欲しいならクリアブルーイージーデジタルが良い?

女の子が欲しい場合、いち早く排卵日を特定する事が重要

女の子が欲しい場合は、排卵日の2日前に性交渉を行うと良いという情報がありました。ちなみに、男の子が欲しい場合は、排卵日がそのタイミングだそうです。

しかし、排卵日の2日前というのは、どのように特定すれば良いのでしょうか?

オギノ式という日本ならではの方法もありますが、それは生理が安定して来ている人が何か月にも渡って記録し続けた場合に限って正確性が期待できますから、利用できる人は限られていると思います。

元々記録を付けるのが苦じゃないなら、これもいいのかもしれませんけど。

となると、残る方法を考えると、妥当なところは排卵日検査薬です。しかし、日本製の排卵日検査薬(ドゥーテスト、p-チェック、チェックワンなど)が陽性を示すのは、排卵日の24時間前。早くても36時間前と聞きます。

となると、女の子が欲しい場合は、ちょっと遅いのではないでしょうか?

そこで、海外製の排卵日検査薬の方も調べてみると、クリアブルーイージーデジタルというのが良いと分かりました。

なんでも、このクリアブルーイージーデジタルは、排卵の2日前にくっきりとした濃い陽性反応を示してくれるのだとか。これなら、女の子が欲しい場合でも、なんとかタイミングがとれそうですね。

ちなみに、デジタル式の関係上、他よりも多少値は張りますが、初心者にも簡単に使える作りとなっているらしく、日本でも高い人気を誇っているみたいです。

正直、価格は、日本の排卵検査薬と変わらない位なので、少し買うのを戸惑いますが、それでも世界的に人気という事を考えると、小さな私たちの国だけで通用するものよりは、良いのかもしれないので正直迷います。

産み分けに活用される理由

産み分けというのは、今では意外と簡単にできるらしいです。

なぜなら、医療技術が発達した今日では、排卵の1~2日前に性交渉をした場合は女の子が、排卵当日から翌日の場合は男の子が生まれやすいということが、判明しているからという理屈に基づいているそうです。

つまり、排卵日を特定さえできれば、産婦人科の力を借りることなく、夫婦だけで産み分けを実践することができるんですね。

しかし、排卵当日から翌日にタイミングをとれば良い男の子が欲しい場合はまだしも、女の子の場合はちょっと厄介です。

排卵の2日前と、ちょっと中途半端な日からですから。しかも、日本で売っている排卵検査薬は、排卵の24~36時間前にならないと、陽性反応を示さないそうですから。

そんな時、海外製の排卵検査薬で良さそうなものを探してみると、クリアブルーイージーデジタルが良いという声もありました。

これなら、排卵の2日前から陽性反応を示してくれるため、女の子を産み分けたい場合にはもってこいとのことでした。

タイミング法にも用いやすい

不妊治療と言われると、産婦人科で受けるような大掛かりな治療を想像しがちですが、夫婦だけでできてしまうもっと気軽な方法もあるそうです。それは、タイミング法。

なんでも、女性の身体が最も妊娠しやすいタイミングを狙って、重点的に性交渉をする方法なのだとか。

では、そのタイミングは、具体的には何時なのでしょうか?

女性の身体が最も妊娠しやすいのは、もちろん排卵日ですが、性交渉をすべきタイミングはその排卵日当日ではないみたいです。なぜなら、卵子は排卵されると7~8時間で受精できる機能を失ってしまう一方、精子は射精されてから5~6時間経たないと受精できるようにならないからです。

これは、最近明らかになってきていることのようですが、そのため、排卵日当日に性交渉を行うと間に合わないため、24時間前が目安と言われているみたいです。

となると、24~36時間前に陽性を示す大抵の排卵日検査薬では、ちょっと遅いということになりますよね。

そこで、クリアブルーイージーデジタルの使用が最近では推奨されるそうです。

なぜなら、排卵の2日前に陽性反応を示す作りの関係上、陽性が出てからまだ約1日の猶予があるからです。これなら絶対、前もって夫婦で時間を合わせて、適切なタイミングをはかって性交渉をすることもできますね。

関連ページ一覧