海外製で高いのに人気ある理由

海外製で高いのに人気ある理由

クリアブルーイージーデジタルは、1回分につき500円弱かかる計算になるそうです。そのため、海外製の排卵検査薬の中では、とび抜けて高級な印象を持たれるかもしれません。

確かに、海外製の排卵検査薬って、安いというイメージが強いですからね。実際、ワンステップだと1回分70円もしないそうですし。

では、なぜクリアブルーイージーデジタルがそこまで高いのかと言えば、その価格に見合う高い性能性を誇るからだそうです。

どうやら、予測精度が良いらしいのですが、女性の身体は、排卵の1~2日前が一番妊娠しやすいことを考えると、これは助かりますね。

また、デジタル式である関係上、アナログ式と違って、反応の色や濃さを目で見て判断する煩雑さが無く、電子画面に表示された結果が、陰性か陽性かをチェックするだけで良いため、初心者でも簡単に使えるとのことでした。

アナログ式だと、よく薄い陽性反応の場合の判断で困ると言いますから、そうした面倒が無いのは確かに良いと思います。

確かに、これだけ性能が良いなら、1回分につき500円弱という値段も納得できるかもしれません。その分の見返りは、受けられそうな気がします。

口コミで人気の海外製排卵検査薬

排卵検査薬を使えば、産婦人科に頼らなくても、簡単かつ計画的に妊娠できると思っていました。

しかし、口コミを調べてみると、どうもそう単純な話ではないということが分かりました。なぜなら、排卵検査薬の使い勝手に関する評価が、どのメーカーのものでもあまり良いとは言えなかったからです。

なんでも、一般的な排卵検査薬は、尿をかければ陰性か陽性かを示すことで、排卵を予測してくれるのですが、陽性でも濃さが何段階かに分かれているようで、くっきりとした濃い陽性となる前に、薄い陽性が何度か出るものの、それに関して判断するのが難しいため、使い勝手が悪いと言われているみたいです。

確かに、薄い陽性の濃さを見て「明日にはくっきりとした陽性が出るかな?」と判断できるようになるまでには、かなりの場数が必要そうですからね。

ただ、1つだけ、口コミで大人気の排卵検査薬がありました。それは、クリアブルーイージーデジタル。

デジタル式の関係上、とても精密な構造となっているため、黄体形成ホルモンの分泌量がピークに近い濃度になると陽性になるそうなので、薄い陽性反応に悩まされることは一切無いんですね。

関連ページ一覧