早ければ2日前予測が可能な理由

早ければ2日前から陽性反応を示す

女性の身体が妊娠しやすいのは、排卵当日ではないそうです。

つまり、排卵当日に集中的に性交渉をしたところで、あまり妊娠は見込めないんですね。では、実際はどのタイミングで性交渉をするのが良いのかと言うと・・・排卵日の1~2日前です。

なぜなら、卵子が排出された時点で精子が待ち構えているのが、一番受精率が高いからです。となると、大抵の排卵検査薬は、時間的にカツカツだと思います。

それらがくっきりとした濃い陽性反応を示すのは、排卵の24~36時間前と聞きますから。できれば、もう少しだけ早く知りたいですよね。そこで、色々調べたところ、2日前から陽性反応を示してくれる排卵検査薬を見付けました。

それは、クリアブルーイージーデジタル。

検知性能が99%と優れている為、2日前から排卵を予測できるのですが、他にもすごい点があるんです。具体的には、デジタル式ということで、判定まで全部やってくれるんです。そのため、アナログ式である大抵の排卵検査薬と違い、使用者は自分の目で陽性の濃さを見て判断するという煩雑さが無いそうです。

クリアブルーイージーデジタルはいつ陽性に?

ドゥーテスト、p-チェック、チェックワン等の日本製排卵検査薬は、24~36時間前に陽性反応を示すそうですね。つまり、それらで陽性反応が出たら、24~36時間後に排卵が起きるということです。

しかし、だからと言って、24~36時間後に性交渉を行えば良い、というわけではないみたいです。なぜなら、排卵されたタイミングで精子が注入されても、その精子は受精できるようになるまで5~6時間もの時間を要し、その間に卵子が受精機能を失ってしまうからです。

そのため、性交渉のタイミングとしては、排卵の24時間前がベストなのだとか。

となると、ドゥーテスト等の日本製排卵検査薬では、かなり時間的にシビアということになりますね。

もっと早い内に陽性反応を示してくれる、排卵検査薬はないのでしょうか?

なるべく早期の妊娠も目指したいなら簡単に使えるものが良いかなと思いつつ探してみたところ、クリアブルーイージーデジタルが該当しました。

クリアブルーイージーデジタルなら、2日前から排卵を予測することができるのですが、結果表示がデジタル式なので目でラインや色の濃さを判定する必要が無く、電子画面に表示されたマークが陰性か陽性かをチェックすれば良いだけであるため、判定はとても正確で、早期の妊娠も十分期待できるとのことでした。

ただし、純粋に感度の良い排卵検査薬、つまり、LHサージ開始に近く、まだLH濃度が低い状態でも検出してほしいというのであれば、ワンステップ排卵検査薬の方が適任だと思います。

関連ページ一覧