体外受精の妊娠確率と年齢

35歳を超えると妊娠が難しくなる印象

自力での妊娠が難しい場合、体外受精を選ぼうと考えている場合もあるかもしれません。でも、これが中々難しい事も同時に理解しているかが重要となりそうです。

体外受精による妊娠の確率は、25歳からの10年間であれば、大体35~40%程度となっているそうです。なので、3回トライすれば、無事に妊娠できる可能性があるという事ですが、この確率のボーダーラインと言える年齢がありました。

それが、35歳です。
ここから体外受精での妊娠できる確率が下降が進み、40歳では、25%位まで落ち、更に1歳ずつ年齢を重ねる毎に5%位下がっているような印象です。

そして、35歳から10年後の45歳では、妊娠できる確率が1%未満となってしまうそうです。それと同時に注意しておきたいのが、流産率。

こちらは、36歳くらいから増え始め45歳ともなる頃には、60%もの確率で流産してしまうそうです。なので、無事に受精が成功して妊娠できても、次には、流産する確率が待ち受けているという事になります。

また、流産率が上がると同時に気をつけたいのが、ダウン症。
高齢出産ほど染色体異常が起こりやすくなり、子供が生まれてもダウン症となる確率も高くなると言われています。

ただし、これらの情報は、あくまでも不妊症治療の中での統計なので、西洋医学的な部分ではなく東洋医学や民間療法などでは、また違った確率となるかもしれませんので、焦る事も悲観するのもまた違うのかなと思います。

こういう情報もうまく取り入れながら、何歳くらいまでに妊娠しておいた方が良いのかなという参考にしていきたいものですね。