仲良しのベストタイミングは?

陽性反応が出たらすぐに!

ほとんどの排卵日検査薬は、排卵が始まる24時間~36時間前には、くっきりとした陽性反応を示すそうです。

となると、陽性反応が出てから1日~1日半後に性交渉のタイミングをはかれば良いのかなと考えがちですが、残念ながらそう簡単な話ではなく、そのタイミングだとちょっと遅いみたいです。

この辺が勘違いしやすい部分でもあるのかなと思いますが、中々妊娠にたどり着けないのは、そもそものタイミングが合っていない事でこうした間違いが原因なんて事にはならないようにしたいものですね。

では、排卵日検査薬でタイミングをとるとなると、実際はいつなのでしょうか?

排卵の24時間前がベストなため、陽性反応が出たらすぐ性交渉を行った方が良いとのことでした。

しかし、排卵の24時間前に精子を注入しても、卵子はまだ放出されてないので、受精する確率なんてとても低いのではないでしょうか?

そういうイメージを持ってしまいがちですが、実際は違うみたいです。

なんでも、精子は射精されてから動き回って受精できるようになるまで、5~6時間もの時間を要す一方、卵子は放出されてから7~8時間しか受精機能を保持できないんです。
卵子と精子の受精可能時間

そのため、卵子よりも寿命の長い精子が先に膣内に入って卵子を待ち構えるのがベスト。排卵の24時間前に性交渉のタイミングはとるべきだとわかります。こうして見ると、タイミング法って意外と調整が難しそうだなというのがわかります。