排卵日(排卵期)の確認と注意

LHサージ後の24時間~36時間程度で排卵が起こる

排卵日とは、成熟した卵子が排卵された日の事。
この期間は月経の中で排卵期に含まれます。

排卵日のみが排卵期という事ではなく、黄体化ホルモン(黄体形成ホルモン)の濃度が上昇して排卵を終えるまでの期間が排卵期と呼ぶそうです。

排卵は、LHサージがピークを迎えてから半日以内と言われています。
また、LHサージを迎えてからだと、黄体化ホルモン(LH)の濃度が上昇から24時間~36時間程度で排卵が起こるというのが一般的です。

こういう仕組みから逆算すれば、排卵日の特定も難しくなさそうに思えてくるものですが、それでも簡単に排卵日に合わせられない、妊娠が難しいのが排卵日。

しかも、近年新しくわかった事として、卵子と精子の受精可能時間の制限が思ったよりも短いという事もあり、タイミングを合わせる事が難しいものだという認識も広まってきています。

しかも、実際には、LHサージの開始から濃度が上がってきたと思っていても、実は、まだ排卵期に入っていなかったという事もあります。

これは、元々黄体化ホルモンの分泌が人より多いという体質が関係している事で、一般的な排卵検査薬では陽性となってしまう基準に居る事もあるのです。

黄体化ホルモンの濃度が平均より高い場合は、排卵検査薬選びも慎重に!
新バージョンのワンステップ排卵検査薬クリアは、LH感度が20mIU/mLと高感度なので、もしかしたら、合わない事も考えられます。

他にも、周期チェックをしっかり行っていたつもりでも、実は、排卵が終わった直後となっていると、黄体化ホルモンの濃度が濃いけど、既に排卵後なので精子を送るタイミングが間に合わなかったなんて事も有るそうです。

その点は、ワンステップ排卵検査薬クリアなら、排卵後のLHは検知しないように作られているので、迷う心配は無いそうです。