新バージョンはワンステップ排卵検査薬クリア

感度アップでより早くLHサージを検知可能

ワンステップ排卵検査薬が新バージョンとなり、”ワンステップ排卵検査薬クリア”という呼び名に変わりました。
でも、呼び方は、今まで通り”ワンステップ”で良いかなと思います。

今までのものと何が変わったの?

まず、LH検知感度が良くなった事です。
従来より5mIU/mL感度を上げて、25mIU/mLから20mIU/mLへと変更されました。

感度が更に良くなったという事は…、そうです。
今までよりも早いタイミングでLHサージの検知も可能となったという事ですね。LHサージ開始に、より近い段階を把握できるようになれます。

早い段階で把握できれば、それだけ排卵日の予測も立てやすくなるだけでなく、旦那さんとのタイミングを合わせる上でも重要な事。

朝起きてチェックしてみたら陽性だったから慌てて朝からしようとお願いなんてのは、さすがに、男性にとっては、精神的につらいものでしか有りません。

そういう何気ない行動が男性にとってのトラウマともなりかねないので注意が必要ですが、時間にゆとりが持てれば、慌てずに済みます。

ただし、普段からLHの濃度が高めな方にとっては、ちょっと使いにくくなるかもしれません。

そんな時は、ワンステップにこだわらず、海外製の他の排卵検査薬には、従来のワンステップ同様に25mIU/mLのもの、それより感度を抑えた製品もあるので、それらの活用も検討しておきたいところです。

それに、これなら、他の排卵検査薬と併せて活用するのも良いかもしれません。

いち早く陽性を示してくれるワンステップを導入に用いて、LH濃度が上昇してきただろうタイミングでクリアブルーに切り替える。クリアブルーは、感度が40mIU/mLなので、順調に上昇していのを確認する事が出来ます。

テストラインの表示も改善しました。

従来品は、微妙に表示された時の曖昧さがありましたが、ワンステップクリアの方は、少しでもテストラインが表示されたら”陽性”となります。

この辺もクリアブルーイージーデジタルの陽性ならニコちゃんマークのように、表示が明確に分けられるようになったのは、使い勝手として大きなポイントですね。