妊娠成功には検査の継続が大事!

継続して使うと半年で9割だそうです

生理周期が安定していれば、産婦人科に行く必要も無く、手軽に妊娠成功率を上げられる手段があるそうです。それが、排卵検査薬を用いる事です。

排卵検査薬を生理周期の記録に合わせて活用すれば、妊娠しやすい性交渉のタイミングを図ることができるため、その分妊娠成功率も上がるのだとか。

しかし、実際のところ、排卵検査薬でどれくらい妊娠成功率を見込めるのでしょうか?

ネットで排卵検査薬で見事妊娠できたというブログも見かけるので、高い妊娠成功率を期待できそうですが、変な話、逆に妊娠できなかった人はわざわざそういう風に書かないと思うので、あまりアテになりません。

そこで、詳しい数字を調べてみたところ、初めて使用した月で見事妊娠に至れる確率は、20パーセント程度と分かりました。

つまり、5組に1組ですから…あまり期待していた程ではありませんね。しかし、5~6ヶ月目あたりに入ると、その確率は90パーセントくらいまで上がるそうです。

となると、確かに排卵検査薬を使えば、妊娠に至ることができる可能性は、格段に上がるんですね。ただ、成功率の推移は先述した通りのため、あまり過度に期待することはせず、最初から半年くらいは使い続ける気持ちでいた方が良いとのことでした。

結局半年続けるなら、安いワンステップ排卵検査薬クリアをたくさん使った方が、妊娠の確率も上げやすい気がしますね。